介護が必要な方の施設|近い未来に備えて老人ホーム活用手段を考えよう
シニアとレディ

近い未来に備えて老人ホーム活用手段を考えよう

介護が必要な方の施設

メンズと女性

公的施設を利用するために

介護施設は公的な施設と民間事業者が運営する施設に分けられます。公的な施設では社会福祉法人・医療法人が運営する特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などがあり、民間施設では有料老人ホーム、高齢者向け住宅などがあります。公的な施設は低額での入所が可能であり、ほとんどの場所で24時間の医療、介護体制が整っています。ただし介護施設によって細かい特徴は異なり、特別養護老人ホームでは介護度3以上、介護老人保健施設は介護度1以上から入所可能です。また、特別養護老人ホームは終の棲家となり、レクリエーションなどの余暇活動が充実しています。介護老人保健施設は自宅に戻ることを基本としているため長期の入所は難しいですが、リハビリテーションはとても充実しています。公的な施設を希望する場合は入所待ちが多いため、短期入所の利用や民間の介護施設に入所して空きを待つのも一つの手です。

民間施設のメリット

公的な施設は費用面で安いこと、介護が充実していることが人気の理由ですが、民間の介護施設でもメリットは多くあります。介護付有料老人ホームの場合、初期費用は掛かりますが24時間の看護・介護体制が整っており、施設によっては胃瘻や吸引などの医療的ケアが必要な方でもすぐに入所することが可能です。また、要支援など自立している方でも入所可能な場所もあり、将来的な住処にすることもできます。サービス付き高齢者向け住宅は有料老人ホームより費用は安く、直接的な介護サービスはないものの、安否確認や生活相談、入所しながら訪問介護サービスを利用できるため、自立している人で今後に不安を抱える人にはおススメです。介護施設は他にも住宅型有料老人ホームやグループホームなどがあり、経済面、介護度など様々な環境を考慮して利用できる仕組みになっています。